エンボスフィルムの使い方(柄意匠転写)-blog

今回は、久しぶりにエンボスフィルムの使い方のご紹介です。
使い方の中で、最もオーソドックスであり、基本の使い方と言えるかもしれません。

それが、エンボスの柄・デザインを『何か別のモノへ転写する』という使い方です。
言わば、エンボスフィルムが金型代わりの役割を果たします。

もちろん、「柄の見た目、意匠が欲しくて転写する」という目的もありますし、
「転写したモノに、何らかの機能性を持たせるために柄を付ける」という
目的もあります。
最近は必要とされる市場が広がるにつれ、後者の目的の方が多くなったでしょうか。

転写する相手の素材としては、
ポリエステル樹脂やFRP、紫外線(UV)硬化性の樹脂など様々です。
今までは主にBtoBとして工場ラインの工程紙的な使われ方がメインでしたが、
最近では一部、個人のユーザー様が趣味としてDIYハンドメイドアクセサリーの
表面意匠などにもご使用いただく実績も出始めました。

上の写真は、水玉模様のエンボスフィルムから、
UVレジンアクセサリーへ意匠を転写させたものになります。

『デザイン・意匠性の付与』に関するページについて、
 ↑こちらにリンクを貼っておきますで、よろしかったらご覧ください。   

私たちも、色々幅広い分野でユーザー様にご使用いただき、
喜んでいただけることが励みになり、さらに新しい製品、価値を生み出す
原動力になります。

私たちがまだ気付いていない用途も、もっと沢山あると思います。
使い方は自由です!
「こんなことに使えないかな?」といったご興味が御座いましたら、
お気軽にお問い合わせください!!!

『お問い合わせフォーム』はこちら。

今日もブログをお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ検索

最新記事

カレンダー

1

ブログ月別アーカイブ

ブログカテゴリー

タグ

お問い合わせ