4工法のご提案 こんなことでお困りではないですか?

4工法のご提案

 

 PETエンボスに特化し技術を磨き続けてきた当社の、PETエンボスの職人たちが独自で開発。

PETフィルムの特性に合わせた自信のオリジナルエンボス工法4タイプだからこそ、

お客様のニーズ、ご要望にマッチしたご提案をいたします。


 



こんなことでお困りではないですか?

 

①PPやPEでは強度が足りない、もっとしっかりしたエンボスフィルムが欲しい。

 大柄や、面白い意匠性を備えたエンボスフィルムが欲しい。


→ご提案:汎用タイプエコノミー工法


 透明性、耐油性、耐薬品性、ガスバリア性などが優秀で、非常に強靭であるPETフィルムの長所を最大限に活かし、ダイナミックな意匠や強いテンションにも負けない工程紙等でご使用いただけます。

 


②PETシボに意匠性と併せて、多少の耐熱性が欲しい。
 PETエンボスフィルムに少し熱をかけると、シボがフラットに戻ってしまい使えない。


→ご提案:汎用タイプ耐熱工法


 例えばFRPへの意匠転写など、PETエンボスフィルムへ熱がかかる用途にご使用いただけます。

 


③高温度条件下での使用でも、シボ戻りが耐えられるPETエンボスフィルムが欲しい。
 耐熱汎用タイプでも、シボの耐熱性がもたず、機能が出せない。


→ご提案:(NEW!)特注タイプ120℃耐熱型工法


 例えばゴムへの意匠転写など、PETエンボスフィルムへ高温がかかる用途にご使用いただけます。


④超高温度条件下での使用でも、しぼ戻りが耐えられるPETエンボスフィルムが欲しい。
 120℃耐熱型でも、シボの耐熱性がもたず、機能が出せない。


→ご提案:(NEW!)特注タイプ180℃耐熱型工法


 例えば半導体パッケージ(エポキシ樹脂)への意匠転写など、PETエンボスフィルムへ超高温がかかる用途にご使用いただけます。